中村東店 ブログ

F1 フランスGP!

2021.06.25

こんにちは!

20日(日)にF1 フランスGPの決勝が行われました。

予選ではフェルスタッペン選手がポールポジション(1位)を獲得しました。

唯一の日本人ドライバーである角田選手は、残念ながらQ1でクラッシュしてしまい、それに伴い、様々な部品を交換せざるを得ず、ピットレーンスタートとなりました。

今回は、白熱したレースとなりました!

スタート直後の1コーナーでバランスを崩したフェルスタッペン選手が2位に後退し、1位と3位にメルセデスの2台というスタートとなりました。

序盤、上位陣は大きな動きはなく、動きがあったのは3位を走行していたメルセデスのボッタス選手でした。

18周目にピットインをし、ミディアムタイヤからハードタイヤへ交換、翌19周目に2位のフェルスタッペン選手がピットインし、同じく、ミディアムタイヤからハードタイヤへ交換。

さらにその翌20周、トップのハミルトン選手がピットインしこちらもミディアムタイヤからハードタイヤへ交換

ここでハードタイヤでもうプッシュしていたフェルスタッペン選手が先頭を走っていたハミルトン選手がピットインしている間に逆転し、先頭へ!

フェルスタッペン選手とハミルトン選手の差は1秒以内でバトルを繰り広げ、ここでレッドブル・ホンダF1のフェルスタッペン選手は勝負に出て33周目にピットインをし、ハードタイヤからミディアムタイヤへ交換。

トップから15秒以上後方の4番手から1周2秒近い速いペース追い上げを試みる。

15秒あった差もみるみるなくなり、3位のチームメイトからポジションを譲ってもらい3番手に。

その後、2位のボッタス選手もかわし2位に。

残り10周でトップとの差は約5秒。

しかし、トップのハミルトン選手もハードタイヤで粘るが、ついに残り2周でトップが入れ替わる!

そのまま後続を突き放し、フェルスタッペン選手が優勝!

さらに、レッドブル・ホンダF1のペレス選手も3位に入賞しダブル表彰台!

ホンダとしてはアイルトン・セナが4連勝して以来30年ぶりの3連勝!

最終結果がこちら!

次回は27日(日)シュタイアーマルクGPが行われます!

ホンダF1最終年、皆さんで応援して、年間タイトルダブル獲得できるといいですね!

店舗情報
scroll